プロフィール

eddydesu

Author:eddydesu
株で儲けて バリ暮らし 皆さんもどう?


FC2カウンター


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
売れっ子
  ベストメンバー   レストラン ベニーズにて

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  ポチットいっておくれやす




バリ人の「きれい」 ってえのは

「白いは  cantik 」 

「黒いは  manis  」


って言います

ジャワ系の色の白い人は チャンティク

バリ系の色の黒い人は  マニス



南国ですから

皆さん だいたい浅黒い

そこで

白い=きれい

って考えが出来上がってしまったんでしょうね



イネ男とワルンで飯くっていると

「ねえ ねえ 今の日本人すごくかわいいよ」

「え~ そう?」
(そんなことね~だろう)

「この子も かわいいよ」

「ふ~ん そう?」
(何処見てんだよ)

って聞いていると

顔立ちではなく 

色が白いかどうかで決めているようですね

日本人は そうじゃないですよね



モナさんに

以前聞かれました

「うちの踊り子さんで あなたがかわいいと

思う子は誰?」って聞かれました


「えっ なんで?」

「日本人が どんな子が好きか聞いておいて

お客が 日本人だったらその子たちを連れて行く」

って言うのです

なかなか 細かい心使いですな~

さすが 経営者ですね~






モナさん所には 10代から20代までで20人近くいます

その中から この3人を私が選びました 

真中のエンドラーさんは 20歳代でモナさんと同じくらいで

踊の腕前では モナさんの片腕です

素顔もきれいです 

両サイドの2人は まだ14歳と17歳です



以前始めてのホテルでの仕事に

踊の上手な子ばかり連れて行ったのですが

支配人から

「あの子は 色が黒いから

次回は ほかの色の白い子を連れてきてね」


って言われたそうな 


日本でも

諺がありますよ

色の白いは 七難隠す 


スポンサーサイト
踊りのメンバー
  おしゃべりしながらお化粧  みんな manis


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  ポチットいっておくれやす


いつも 

バリへ行くと

チャングーのモナさんのお家へ行きます

誰かいて

踊りの練習してたり

お仕事があって

おしゃべりしながら

お化粧して 準備しています



この彼女たちは 中学生で

学校でも踊りをやり

モナさんのところの教室で

実戦的な化粧や着付けを覚えます

そして

いざ ホテルなんかへ仕事に出ると

日当が もらえます

だいたい

5万RPくらい

だって

30分くらいですからね

それで   

それだけ貰えたら

やっぱ すごですよね

普通のお店の店員さんが

月給40万RPからするとね


彼女たちは

学校で義務教育として

日本語を勉強しています

ノート見ると

アルファベットで 「コンニチハ」と書いてあります

モナさんが

「教えてもらったら?」

って言いますが

すごく 恥ずかしがって

ほとんど 無視されています


私は 自分がチョコレート好きなので

日本から大量に持ってきます

それを いつも彼女たちに上げます


さすがに 

最近は

無視されなくなりましたが

やっぱ 田舎へ行くと

まだ 日本人はめずらしいですからね


彼女たちは

私が 少しイネ語を話すと知っているので

バリ語で話して ちんぷんかんぷん です


みなさん

化粧するとすごくきれいになります

こうして

場数を踏んで練習し

プロのダンサーが 育っていくのですね


皆さんも 舞台裏一度見に来たらいいですよ 






hello  miss monag

hello miss monag .

apa kabar ?

kerjaan sibut ?



saya sudah kirim surat satu bulan lalu.

mungkin tidak sampai !

sekarang saya tidah tahu nomor telepon anda .



saya sudah buat web site bali punya saya tiga bulan lalu !

saya kirim imformasi bali kepada orang sambil pakai  web  site .

karena mau perkenalkan anda , saya perlu nomor telepon anda .


silakan menelpon kepada saya !


saya tung !


mari !





モナ
  観光客が居なくなったタナロット



にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  ポチットいっておくれやす



モナさんは 踊り子さんでプロモーターで社長さんです

いわゆる ボス です

私の財布 を当てにしない初めてのバリ人です

食べに行っても

何しても

いつの間にか

お金を払っちゃっています

すご~い

バリ人にも こんな人いるんや~ 



もう

大概・・・・・・・ 

乞食みたいな連中にしか会っていなかったので

うんざりしていたのですが

去年 6月クタビーチクラブへ踊りに来ていて

そこで

三味線弾いていて

お互い 音楽をやるものとして知り合いました

彼女は 日本語が上手 なのです

会ってすぐいっしょに

涙そうそう」を歌いました

バリでも 流行っているそうです

しかも バリ語で歌っていました


その後 モナさんとは バリに行くたびに

いっしょに 遊んでもらっています

彼女は日本人が好きで

バリ在住の日本人や観光で来た人にも

めちゃ愛想よくて

人気の者です

彼女と一緒にいるとすごいですよ~

有名人ですからね

ホテルや観光地では 知り合いがいっぱいです

しかも ボスですからね

どこでも 顔パスですよ

彼女と一緒だとめちゃ心強いです 





一緒にいるのは ジミー です

彼は バラモン で

モナさんの劇団の踊り子さんです

悪魔役で出ています

クタビーチクラブのベルボーイやってます

彼は 日本が出来ないのでイネ語と英語で話ます


彼らは がんがんイネ語で話ますが

ぜんぜん ついていけません

でも 言語は沢山聞くことで

覚えるものなんです

そのうち 理解できるようになります 



バリのダンス教室

練習風景
  練習風景
お化粧
  お化粧中


にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  ポチットお願いします



三味線が縁で知り合ったバリニシアンダンサーのモナさんの話です

ホテルで面会すると彼女はホテルのフロントをフリーパスです

それは以前このホテルで踊っていたからです

なかなかの有名人です

「今から踊りの練習があるから見に来ませんか?」

と聞かれ即出かけました

お家はチャングーです

ホテルはスミニャックだったので近かったです

お家に行くと若い男の子や女の子が大勢集まっていました。

お家は昔からのバリのお家で

お父さんの家、お母さんの家、そして子供の家と舞台がある大きなお家でした

其の舞台で女の子が音楽に合わせて踊りの練習を始めました

あの例の中腰での踊りが延々続くのです

途中でひざが笑ってしゃがんでしまう子もいました

男の子には頼まれて普通の音楽に振り付けをしてあげていました

所謂ストリートダンサーですね!

彼女のお爺さんがガムランの有名な演奏者で

彼女は小さいときから踊りをやっていたそうです

バリには踊りの中学校が6校あるそうですが

そこは本当の学校で「授業の中に踊りがある」のです

ですから学校を出てもすぐダンサーになれるものではないのです

そこで各町内にこのような「塾(ダンス教室)」があるのです

そこで踊りはもちろんのことお化粧や着付けなどの実践的なことを学ぶのです

ですから彼女の所には3歳くらいから社会人まで大勢の人が所属しています。



その日は練習の後ホテルにて踊りをやるというのでず~と付き合うことにしました

お化粧もず~と見てました

そしてあの独特の化粧をしヘルメットをかぶってバイクに乗ってホテルへ出かけました

今日は デリバリの前の「ザ ビラス」です

行く途中あの化粧ですからすれ違う人みんなが見ていました

そしてホテルの裏側から入って着替えをしていよいよダンスです

メンバーは三人

皆さん10代の学生さんです

一番若い人は12歳です

この塾に所属していて日ごろは練習ですが

踊りの依頼が来ると練習のためホテルへ踊りに行くのです

そしてお小遣いをもらう訳です

小さいときからそれを繰り返して

最後はライセンスを取ってプロのダンサーになるのです。

ダンサーといってもただの踊り子ではないのです

バリダンサーは「神に仕える仕事(神社の巫女さんみたい)」なのです

敬虔なヒンズー教徒の彼女達にとって

バリダンサーは憧れの仕事なのです。

其の後彼女達はホテルの支配人や踊りのプロモーターと一緒に食事をして終了です

バリ人の支配人やオーナーにとっては

例え若い学生さんのダンサーであっても彼女達は「神へ仕える人」なのです

すごく大切にされています

驚きました

私も彼女達の友人と言うことで食事をご馳走になりました。


バリとセレモニーは切り離せない関係ですが

彼女達はその中心なのです

塾の見学は無料です

スミニヤックのレストランデニーズで水・日曜日の午後7時から生徒さんが踊っています

ちなみにモナさんは日本語を少し話せます。

hello miss monag .

apa kabar ?



saya sudah purugi ku bali dari tanggal 6 sampai 26 juli .

karuna mau bertemu sama anda , saya sudah telepon kepada anada .

tapi sudah habis nomor telepon anda.

saya tidah bisa contak kupada anda .

oh~ kasihan !!!!!


kalau boleh telepon , silakan kepada saya .

nomor telepon saya sama .


lain kali oktober !

mari

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。